竈でのご飯炊き

Published by root on

おくどさんでの竈ご飯炊き

苔香居コワーキングには、歴史を感じることが出来るおくどさん(京都の方言でかまどのこと)があります。明治後期につくられた合計5基を構える立派なかまどで、今も現役で美味しいご飯を炊くことができます。

火起こしから、炊き上げまで、全ての行程を体験いただきます。美味しいご飯に炊き上がるかをどうかを左右する、火加減の調整は大事なポイントです。炊き始めて10分、15分もすると、美味しいお米の香りが台所に立ち込めます。

炊き立てのお米の香り、口の中に広がる一粒ずつの甘さは、かまどで炊いたご飯ならではの味わいがあります。上手くいくと、お釜の底におこげができ、香ばしさとカリっとした食感を楽しめます。

炊きあがったご飯は、お庭を眺めながらお召し上がりいただけます。かまどでご飯を炊くこと自体が珍しくなってしまった現代、京都市内でその体験ができる貴重な場所です。

苔香居コリビングでは、文化を体験するイベントを定期開催しています。ご要望に応じて、プライベートクラスも開催可能です。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *